BAGUS!
Arak Okano's Photo BLOG

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
新幹線0系の旅
昨日、ご飯に具なしの味噌汁と卵、今日は食事なしでニフレックを
飲んで腸を空にして、入院します、一日の予定ですが、前回は
出血が止まらず、二回の内視鏡手術で二泊になっています、さて
今回はどうでしょうか。
部屋は保険で無料がいっぱいで、5400円だそうです。

さて、新幹線の0系ですが、東京オリンピックに合わせて、昭和39年に
東京駅~新大阪間で開業時の車両です、「夢の超特急」と呼ばれました。
後輩の車両が次々とデビューするなか、2008年に引退しました。
(数年前から、東海道は引退して、山陽区間で「こだま」として運用になっていました。)
定期運用の最後が、11月30日(その後、「さよなら0系」としての臨時運用の最後が
12月14日でした、)に合わせて、京都・新神戸・姫路と周ってきました。

今は、小田原から、6:15の「ひかり」で行くんですが、なぜか新横浜から「のぞみ」で
行っていました、朝ご飯は「横浜チャーハン弁当+モルツ(デザインは今とは違うかな?)
にしました。
b0042837_6322493.jpg

11月29日、先ずは京都からです。
仁和寺さんの金堂、良い色でした。
b0042837_626139.jpg

次は、北野天満宮のもみじ苑(紙屋川)です、開門前に並びましたが、もう後ろでした。
b0042837_6314026.jpg

京都府立植物園、入園料は200円ですし、年間を通して大変手入れがされていて、
京都撮影の穴場だと思います、今なら、コスモスと薔薇ではないでしょうか。
b0042837_6394884.jpg

京都御苑は市民の憩いの場でしょう、ここの秋も素敵です。
b0042837_6404475.jpg

ここから、新神戸へ向かいました、泊ったのは三宮、駅に夕ご飯を食べに行ったら
人気者に会えました。(三宮だワン)
b0042837_64575.jpg

宿泊をここにした理由は、最後の30日に二回撮影をしたかったからです。
最後の0系「こだま639号」の新神戸駅の電光掲示板です。
b0042837_6485610.jpg

新神戸駅で、入線と出発の動画を撮影後、後続の「ひかり」で639号を追い越して
姫路駅へ向かいます。
0系の写真の前に、1枚見てください、0系は「団子鼻」の愛称で親しまれていました。
団子鼻を捜してみたんですが、なかったので、象さんを見てください。
昭和25年、博覧会のために、タイ王国から来た、うめ子さん(井の頭公園の、はな子さんと
一緒に来たそうです。)が、小田原城公園で見られていたんです、2006年4月3日の
撮影です、背景に桜を入れて撮影出来たんですが、2009年9月17日(発見)に永眠
されました、60年以上、はるばる海を渡って、日本の皆のために来てくれて有り難うございました。
b0042837_722310.jpg

さあ、11月30日、0系です、先ずは、下りのホームで撮影なんですが、入線の写真が
ないんです、ホームが人でいっぱいだったのは間違いないです。
b0042837_6514358.jpg

「鉄」さんなら、人物が一緒になる写真なんか撮りませんね&ホームでなくて別の
場所での走行風景にしますね。
姫路駅でも通過待ちですから、上りホームへ走り、8両全体の写真と出発の動画を
撮りました。
b0042837_6543371.jpg

午後に、ブログ友さんと会う約束をしていたのですが、まだ四時間近くもあります。
ならば、姫路の紅葉を楽しまないとね。
好古園です、姫路城とセットの入場券を買えば割引になります。
b0042837_793533.jpg

いよいよ、国宝姫路城へ行ってみましょう、二の丸公園からです。
b0042837_7111765.jpg

赤が入る姫路城も探さないとね。
b0042837_7122544.jpg

生まれて初めて天守閣へ上りましたが、まあ凄いです、本丸へたどり着くだけでも
大変大変、天守の一番上まで、1時間近く(大げさかな)かかった記憶があるんです。
二の丸公園へ降りてきたら、いましたよ、ニャンズたち。
b0042837_7161894.jpg

さらに、ワンズも迎えてくれました。(カメラの三脚を担いだカメラマンさんが入って
しまい、大失敗ですね。)
b0042837_7174592.jpg

以上、すべてコンデジの画像です、一眼レフを持って旅行に出ることは仕事の出張以外は
ないのですが、デジタルデータは見つかりません。でも2008年ですからニコンのF5かF6を
持っていったはずですが、スキャニングしたデータも見つかりません&ポジを探すのは
至難の業なんです、実は昔にスキャニングして保存したHDDの二つが壊れているんです。
(今回の投稿の、うめ子さんとアケボノハゼはフィルム撮影です。)

最後の1枚は水中です、気がつけば、「BAGUS!」も皆さんのおかげで、長々と続けることが
出来ました、最初の投稿は、2004年10月11日でした。
今日は、同じ写真なんですが、「魚はやっぱり左向きが良い」と思って裏返してスキャンした
写真です(なんて、こちらが本物だったりしてね)。
マレーシアのボルネオ島の北東の沖に位置するシパダン島での撮影です。
この島は、ギンガメアジ、バラクーダ、海がめ、バッファローフィッシュなどの大物ワイドで
有名な島なんです(今は宿泊は不可能で、近隣の島から人数限定での訪問になっています)。
そんな海でもアラックは小さな魚を撮ってしまいます。
カメラもね、ペンタックスLX+200mmマクロ☆レンズにクローズアップレンズの二倍撮影、
ハウジングはジュノンハウジングです、この機材は、水中写真家の吉野雄輔さんから譲って
いただいた物です。
フィーカスも露出も全てマニュアルです、「アケボノハゼ」です、40mくらいの水深だったと
思います。
b0042837_734386.jpg

今回も、長々と見ていただき有り難うございます。
今後とも「BAGUS!」にお出で頂けたらありがたいです。

あ、ニフレックを飲み始めないといけない時間になりました。
[PR]
by arak_okano | 2016-10-26 07:36 | 自然
<< 有り難うございました 歩き旅=失敗に終わる(改訂版、... >>