BAGUS!
Arak Okano's Photo BLOG

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
守る。
b0042837_2141834.jpg

スズメダイの仲間だと思います。
貝の殻の割れた中にいっぱい卵を守っていました。
撮影をしようとするともちろん威嚇をしてきます。
もの凄い撮影は難しいです、卵と親の眼の両方に
ピントが来るようにしないといけないのですから。

写真では、画像が小さくて分からないと思いますが、
ピンが来ています。

ことしの映像祭に間に合えばもちろん使いたかった1枚です。
映像祭は、卵を守る写真がテーマでした。

☆yositake-ueesんのコメントを頂き、文を少し追加させていただます。

卵と親を両方撮る場合、ハゼ類ならまずそこで守っていることが多いです。
クマノミは周期的に卵に新鮮な水をヒレで送ったり、ゴミを取るのか口を
近づけて行きますので、その瞬間を待って構図を決めていれば良いのです、
カメラを動かさずに、全身を入れるのか?顔のアップにするのかを決めて
しまえば良いのです。
ただし、トオアカクマノミはかなり遠くから威嚇して来ますので厳しいです、
結構咬まれます。
スズメダイの仲間にも、ホワイトダムゼルのようにメチャクチャ威嚇して
きて、咬む子もいます。
今回は、そんなに気が強くない種類でした。
まず、平らなものに卵を産んでいる場合は、両方にピントは難しいです。
条件が良いのは、ペットボトルとか今回の貝のように親の体が中に入り
込む状況がベストです。
近づいても必ず卵を守るために戻って来ます。
構図を決めて、卵にピントを合わせて待っています。
そこへ来た瞬間にシャアターを押す。
あるいはピントは固定にしておいて、親の眼にピントがきた瞬間に押す。
以上です。
ただし、アラックの独断と偏見の撮影方法です。
親が怖がって帰って来ない場合は、他の魚に食べられてしまいますので、
撮影はあきらめます。
一回の撮影で1枚ピントが合えばそれで良いのです。
[PR]
by arak_okano | 2007-04-13 21:07 | 自然
<< 子供です。 仲良し。 >>